« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月22日 (水)

赤石川アユ今季遠征3回目も期待ハズレ

.

・・・・・・・(2018年08月29日以降順次割り込みUP)・・・・・・・・

<台風21号情報>

週明けから日本に向け北上か ? 8/29(水) 5:29

来週は日本列島に向かって北上か 29(水) 10:05配信

台風21号、来週半ばに接近、上陸へ 30(木) 13:06配信

来週中ごろに本州上陸のおそれ 31(金) 6:25配信

今年最強クラスの台風が接近中 9/1(土) 0:43配信

台風21号 火曜日に列島縦断か 9/2(日) 19:55配信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

.

.

.

台風20号が来る前に

今季3回目の赤石川遠征を試みたが

前回の悲惨な状況から復調なって居らず

依然として不調のまま・・・

.

.

.

と言うか

むしろ其れ以上の悲惨さを目にした

.

.

.

其れは

20㎝ほどに育った比較的大きなアユが

仮死状態で足元を流れていくではないか・・・

.

  1時間経過してもアユが釣れないなか 1匹

    そして

     又、1匹 と続いて流れて来る

.

.

.

タモで救い捕ってみると

見た目には外傷等は無く

外見では異常がないように見えるが

仮死状態で泳げず流れていく・・・

.

.

.

二時間に1匹掛かるかどうかと言う釣果のなか

流れてくるアユの方が多い

.

.

.

此れはいったいどう言う事か ・・・ ?

 金アユだ !!

 清流のアユだ !!

と持て囃されているのとは裏腹に

なんか不気味さを感じ

友釣り気分も喪失してしまい

そそくさと

午前中で竿を畳み

二日間の予定を半日で切り上げ帰路に就く

.

.

.

帰り道

橋の上から川を覗いている人に聞いてみると

仮死状態で流れていくアユをみながら

地元の関係者らしく心配の様子

.

.

.

原因は冷水病ではなく

鰓に泥砂が付着し呼吸困難になり

酸欠による仮死状態ではないかと言う

実は

2002年(平成14年)にも

同じように死んで流れた事態が発生していたレポートが

記録されている

 ⇒ 赤石川金アユ危機-ダム補修の放水影響か

.

.

.

そう言えば

7月17日の豪雨による異常な泥水で

川底の石はことごとく泥砂をかぶり

そして

8月17日の降雨以降は

一週間を過ぎても濁りが取れずささ濁りのままで

水位は高どまりが続いている

此れは

上流の濁り水が溜まっている赤石ダムから

泥砂含みの濁水が

放水されているとしか考えられない

.

.

.

従来の赤石川なら

土砂降りがあっても

翌日には濁りも取れ平水になり

二~三日で清流に戻る川だったが・・・

.

.

.

現在では

一週間経ても濁りが入ったままである

.

.

.

実際

大谷橋から見る「アユ見石」は

完全に泥砂をかぶり

其の被った泥砂に青苔が生え

無残な姿に変わり果てていた

.

.

.

此れでは

アユが舐めながら縄張りを持つ環境ではない

.

.

.

此の「アユ見石」は

水深約1mほどしか無いのに

ササ濁りの為

アユらしき魚影がチラホラするだけで

底を泳ぐアユの状況は

はっきりと確認できないほどである

.

.

.

赤石川の現状は

世界遺産の白神山地を源流とする

清流とは程遠い様相に変わり果てている

.

.

.

果たして

爺ィが元気で通えるうちに

此の最悪の状況から脱出して

以前の清流に回復する日が来るだろうか ?

.

.

.

今や

片道200kmの道のりを

アクセル踏むだけの魅力は無い

.

.

.

今後のアユを楽しむには

今までお気に入りだった赤石川に代わる河川を

模索せざるを得なくなった

さて

何処にしようか・・・ ?

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


.

.

.

 <今回の赤石アユ釣果>

.

  22日午前中の4時間で 4匹 (泣き)

             サイズ 15㎝~18㎝

.

.

.

.

.

.

  <今後の釣行予定> 

.

.

*  9月12日(水) 鯛将マダイ  浅虫沖

*  9月13日(木) 鯛将マダイ  浅虫沖

.

.

.

.

.

  <お天気情報>

.

. <気象庁台風情報>  <気象庁降雨雷竜巻情報>

 <Yahoo!台風情報>  <Yahoo!雨雲の動き>

.                          <Yahoo ! 雨雲情報>

<週間気圧配置図>   <波予想図>   <横浜町>

<青森市浅虫>   <平館海峡・外ヶ浜>

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

2018年8月 9日 (木)

赤石川アユ今季遠征2回目

.

台風13号が日本列島へ向かうなか

接近する前に竿を出してみたい・・・

.

そんな思いから

.

二週間ぶりに

8日と9日の二日間の日程で赤石川を目ざし

今季2回目の遠征へ

片道200kmのアクセルを踏む

.

.

.

前の晩に現着し車中泊

.

朝、五時に起床しヤカンで湯を沸かし

六時朝食

最近のインスタント味噌汁は実にウマイ !!

爺ィお決まりの納豆定食で腹ごしらえ

家内手作りのポテトサラダと酢玉ネギ

炎天下の健康管理iもバッチリ (爆)

.

.

.

7時入川

.

空を見上げると雲ひとつ無く

台風接近とは思えない青空のもと

今日も元気で

清流に立てる事に幸せを感じ

涙がこぼれるほどの至福感に感謝しながら

そっと囮をポイントへ送り込む

.

.

.

だが、

  チョッと待てよ !!

.

川の中の石を見ると

泥砂で石が汚れていて

土砂をかぶっているではないか・・・

.

.

.

地元の人に話を聞くと

意外な言葉が返ってきた

.

.

.

7月17日の晩に40mm程の集中豪雨に見舞われ

赤石川は60cmほど水位が上昇

その際

泥同然の濁流が流れたと言う

.

.

.

よくよく聞いてみると

其の原因は

熊の湯温泉上流の道路復旧工事中の土砂が

集中豪雨で一挙に

土石流化して流れ出したのではないかと言う

.

.

.

其の濁りは赤濁りどころではなく

アユの生存が心配されるほどの

まさに泥の流れだったと言う

.

.

.

事実、

其の泥が

川岸に盛り上がって溜まっているところも確認され

滑って足を取られる所も有った

こんな事は

今までの赤石川には見られない光景だ (>。<)

.

.

.

此れでは

アユの縄張りどころではない

ほんの一部の石裏を攻めるほか

釣果が期待されない

.

.

.

それで無くとも

今季は魚影が少なく

釣り人が苦戦を強いられていると言うのに

Wパンチを食らった様相だ

.

.

.

砂も、泥も無い

以前の渓相に回復するには

かなりの年月が掛かりそうである

.

.

.

願わくは

今後も雨の度に

泥砂が流れ込まないよう祈るばかりだ

.

.

.

<昨日と今日の赤石川>

 天気 : 晴天ながら多少の風有り

 水位 : 77cm前後高(水位グラフ:日照田

       (最近の水位が常に70㎝程高くなっているのは

     大池発電所への取水を休んで赤石川へ放流している為)

 透明度 : 濁り無し(但し、工事の影響か一時ササ濁りとなった)

 水温 : 朝の07時 16度

      正午12時 19度

      夕方16時 22度

釣り人釣果 : 5匹前後~15匹前後とバラツキ有り

         野アユのサイズ 10㎝~21㎝

ポイント : 水深が50㎝前後有る瀬頭 or 瀬尻が狙い目

       だらだら続く瀬は期待薄

       瀞場は掛かるが小型

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


.

.

.

 <今回の赤石アユ釣果>

.

<初日> チビアユ込みで25匹  サイズ 11㎝~21㎝

004

.

<二日目> チビアユ込みで18匹  サイズ 11㎝~19㎝

006

.

.

.

.

.

.

.

.

.

  <今後の釣行予定> 

.

.

* 8月22日と23日の二日間 赤石川アユ遠征3回目

.

.

.

.

.

  <お天気情報>

.

. <気象庁台風情報>  <気象庁降雨雷竜巻情報>

 <Yahoo!台風情報>  <Yahoo!雨雲の動き>

.

<週間気圧配置図>   <波予想図>   <横浜町>

<青森市浅虫>   <平館海峡・外ヶ浜>

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »