« 今季の初サクラマス小型ながら2本GET !! | トップページ | 今日はマスジギ激渋で根魚を楽しむ »

2018年2月22日 (木)

3kgに僅か届かず板マス認定ならず (>。<)

.

前回は荒れ模様を承知で強行してみたものの

船のウネリに打ちのめされノックアウト

.

.

.

満足なジギングを楽しむ事は出来ないまま

時間前にリタイヤしてしまったが

今回は

凪のなか

休むことなく楽しむ事が出来た (^Q^)/゛

.

.

.

001_2

.

.

.

アユ釣りでは石を釣れと言う言葉が有るが

船釣りでは棚を釣れ !! と言われている

特にベイトに付いて回遊している魚は

其の日の棚が重要なポイントとなる

サクラマスに関しては特にシビアのようだ

.

.

.

今、狙っている大畑沖

水深約90m

因みに此の場所は

尻屋崎先端とは異なり

根魚は期待薄なのでもっぱらサクラ狙いとなる

.

.

.

釣り場に到着すると案内役の船長が

「何メートルから何メートルまでしゃくってみて下さい」

と指示をだしてくれるので

素直に従う方がベストの事は言うまでも無い

ただ

最近の傾向としては

上層は小型で

下層では良型の感じがしてならない

.

.

.

実際

今日のビッグワンは水深70mでHITした

.

そして

船長の「移動します、あげて下さい」の声に

回収中に上層部20m付近でかかった型は1kgサイズの小型だった

.

.

.

と言う事は

今日の回遊棚は

下層の70mから上層部の20mと

巾広く回遊していたようだ

そして

型に関しては

上層小型で下層で良型パターンは

情報どおりかも知れない

.014

.

.

因みに

今日の胃袋には

画像で見られるような20㎝ほどの小サバが確認された

3月になるとエビのような甲殻類が確認されだす  が

今のところ

小魚だけのようである

.

.

.

と言う事は

ジギングを楽しむには

今がベストシーズンと言える

.

.

.

事実、

針掛りを見てもほとんど口に咥えている

胃袋の中に小型のエビ類が確認されるようになれば

ベイトよりもエビ類を好み

ジグに反応も減少しジギングも難しくなり

HITしても

口以外の箇所に刺さり

スレ掛りが多くなってくる

.

.

.

此の画像からは

ジギングを楽しむなら今がチャンス !!

との

メッセージが込められているようにも受け取れる

.

.

.

太平洋のイサダ情報では

今年のイサダは陸から遠いところに居て

例年より遅れ気味との事のようだが

マスジギ愛好者から思えば

遅れてくれたほうが

其の分

楽しめる期間が長くなると思うが

果たして今季は

いつまで楽しめるのだろうか ?

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

 <本日のサクラマス釣果>  

.007a


.

.

  船中釣果 12人で47本  竿頭15本ダントツには仰天 !!

       爺ィは 3本、 2.93kgで板マス認定ならず残念 !!

.

.

.

.

.

.

.

  <今後の釣行予定>   

.

.

.

*  02月27日(火) 尻屋崎周辺 のマスジギ

*<キャンセル> 02月28日(水) 尻屋崎周辺 のマスジギ 

.

.

.

.

.

.

.

.

  <お天気情報>

.

<週間気圧配置図>   <波予想図>  <尻屋・東通村>

<青森市浅虫>   <横浜町>  <平館海峡・外ヶ浜>

. 

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

« 今季の初サクラマス小型ながら2本GET !! | トップページ | 今日はマスジギ激渋で根魚を楽しむ »

サクラマスジギング」カテゴリの記事

大間~尻屋~白糠~三沢(太平洋)」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今季の初サクラマス小型ながら2本GET !! | トップページ | 今日はマスジギ激渋で根魚を楽しむ »