フォト

メール&バナー

  • ◎ 釣り爺ィのメールアドレス
    kk130511@yahoo.co.jp
  • ◎ 釣り爺ィのリンク用バナー

    コピーしてご自由にリンク等にお使い下さい。 大きさは 137×35ピクセルです

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の11件の記事

2008年7月29日 (火)

28日・29日陸奥湾マダイ

.

お盆前のマダイ釣り予定は今回が最後。 期待と気合を入れて臨んだが朝からの雨に出鼻を挫かれ気合も半減してしまった。200807_169_2  朝一からザァッ~ザァッ~降り。 遠くでは雷が・・・。  落ち着いて竿を握って居られない。 完全防水のゴム合羽を着用していても何処からとも無く雨が滲み込む。 

さらに 釣り条件の一番肝心な潮と言ったら此れ又今日のお天気と同様釣りに成らないメチャクチャ潮。 これが以前から湾内特有の潮なのか? 釣り爺ィには以前のことは分からないがどうやら最近の陸奥湾の潮は相当複雑な流れになっているような感じがしてならない。

二枚潮・三枚潮は良くあることじゃが其の流れが表層が左で其の下2㍍程の層が右 そして 更に其の下層が別方向に てな感じで全く逆々になる程である。

200807_171「どうしてそんなに判るン?」 な~んて 聞かれるが そりゃあ 餌のアオイソメを2~3本海中に抛り投げて どっちに流れて行くかを船上から見ていりゃァ 爺ィにだって容易に判ると言うこっちゃョ。

28日は5時から開始し9時頃まで4時間も餌さ取りのフグすら反応なし。 「船長ッ 此の分だと第8幸丸今シーズン初の船中ボ○ズ記録になるかも? 」 そんな会話が土砂降りの中 聞こえてくる。

船長も「 ん~ 」。 重苦しい雰囲気が続く・・・。

そんな中 9時前ごろ船長にフグが掛かった。

「 うんッ フグが釣れればマダイも来るぞ~ 」 船長気合の掛け声がかかる。 と 言った途端に 釣り爺ィに 「 来た びっくり!! 」 「 ヒット !! ヒット!! 

此れに続いて約1時間の間に船中4枚を追加したところで終了の11時となる。

振り返れば釣れたゴールデンタイムは9時前後に潮が動いた ほんの1時間だけだった。 此の時間に乗り遅れた人は結局GET出来ないでしまった。

魚28日の釣果・船中5枚 釣り爺ィ2枚

.

200807_172_2 200807_175 翌29日は雨こそ降らなかったが前日とほぼ同じような結果で終了となった。

魚29日の釣果・船中6枚 釣り爺ィ1枚

.

イヌ此れで今シーズンの初めから7連勝中ダンベル.

     釣り爺ィのマダイ釣り絶好調

.

.

.

 今後の釣行予定

  魚 アユ釣りは随時釣行 魚

  魚 8月 1日 安家川 アユ解禁  魚

  子イヌ8月12日~17日 お盆で釣り休みイヌ

  魚 8月21日 陸奥湾 マダイ 魚

  魚 8月22日 陸奥湾 マダイ 魚

.

2008年7月27日 (日)

藤琴川二回目釣行

.

200807_145 25日の夕方から翌26日にかけて二回目の藤琴アユ釣行して来た。

4~5日前の雨で1mほど増水したとの事だったが平水まで下がり川の状態は200807_149ベスト状態。

夕方の水温22度。 朝方は17度。 苔も良好。

200807_151解禁から早くも25日も経過。 アユ達も一回り大きく育って釣り爺ィを迎えてくれた。

23センチを頭に22匹の良型に大満200807_167足。      

.

.

.

今回の釣果22匹

.

.

今後の釣行予定

   魚 鮎釣りは随時釣行 魚

   7月28日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月29日 陸奥横浜 マダイ  魚

   8月 1日 安家川 アユ解禁 魚

 子イヌ8月12日~17日 お盆で釣り休み イヌ

.

2008年7月24日 (木)

岩手県沿岸北部地震

.

ビックリ とは此のコッタァっ !!

200807_2 24日未明 0時26分。 丁度熟睡中の丑蜜時。 震源地は釣り爺ィの自宅のほぼ真下120キロ。

寝ていた布団ごと下から突き上げられ宙にほっぽり出されるような激震。 本当に恐ろしい揺れじゃった。

急いで店の陳列棚を見に行く。 棚から落ちていたものは2~3個。 心配したビン類のウイスキーや酒類が全く被害なく信じられない程の出来事だった。

度重なる岩手の地震。 またまた皆さんにご心配を掛けてしまった。

幸い被害が無かった事をご報告し ご心配を頂いた方々にお礼を申し上げる次第です。

.

.

.

 今後の釣行予定

.

   魚 鮎釣りは随時釣行 魚

   7月28日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月29日 陸奥横浜 マダイ  魚

   8月 1日 安家川 アユ解禁 魚

 子イヌ8月12日~17日 お盆で釣り休み イヌ

.

2008年7月22日 (火)

7月22日 陸奥湾マダイ

.

先週の17日に陸奥横浜源氏ヶ浦沖で爆釣したマダイだったが其の後 釣果が下降線を辿っている。 あんなに釣れたのにどうしたことだろう。

200807_134 昨日までの釣果を見ている限り今日も余り良い釣果が期待出来そうにない。 其の上、今日の天気予報は雨。 Yahooの予報は湿度100%と表示されている。 湿度100%なんて 有るんじゃのう???・・・。

予報が予報だけに雷が発生したら中止にして帰港することで出船。

200807_130 案の定、最初から雨。 雨。 雨。 でも、風の影響は無く海面はベタ凪。 しかし、潮の流れは川のように早い。 しかも 海草混じりのゴミがやたらと流れてくる。 其れがラインに絡み非常に釣りづらい。 おまけに、二枚潮だ。 上層の流れと中層の流れの方向が90度もズレている。 こうなると狙うマダイが何処に居るのか? 何処にキャストすれば良いのか全く狙い所が定まらない。

普段なら脅威の怒涛の二桁釣果を見せてくれる幸丸船長も今日の潮では流石苦戦を強いられていた。 だが、今日の釣り客メンバーは20連勝以上を続けているJ氏、 そして超常連客で豪腕の牛乳屋チームの面々だったので二桁釣果が出た。

200807_132 こんな中、同船者にも恵まれ 爺ィもなんとか2枚を釣ることが出来た。 幸運のGETとは言え満足な1日じゃった。

.

今後 何時 潮の条件が良くなるか楽しみじゃ。 其のときは間違いなく爆釣が予想される。 果たして其のチャンスに遭遇する幸運者は誰だろう。 多分その人は普段から行いの良い人に違いない。 爺ィも次回の爆釣に逢えるよう精進を重ねることにしよう。

魚22日の釣果・船中11枚 釣り爺ィ2枚

.

.

 今後の釣行予定

.

   魚 鮎釣りは随時釣行 魚

   7月28日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月29日 陸奥横浜 マダイ  魚

   8月 1日 安家川 アユ解禁 魚

   8月12日~17日 お盆で釣り休み

.

2008年7月18日 (金)

17日 ・18日 陸奥湾マダイ大漁

.

今回は17日(午後便)・18日(午前便)と二日間マダイ釣りを楽しんで来た。 場所は青森県陸奥横浜町源氏ヶ浦沖。 釣り爺ィお得意の第8幸丸だ。

天気予報は二日間とも雨と風と雷の芳しい予報ではなかったが予報が見事にハズレ 無風のベタ凪で曇りで暑くも無く絶好の釣り日和となった。

200807_110_217日(午後便)=潮の流れは其れほど良好と言える状況ではなかったがマダイの食いが立ち最初から爆釣モードに突入。 3時半の満潮の潮止まり時でも関係なく入れ食いが続く。 常に誰かの竿が大きく曲がっている状態だ。 時には6人の竿に同時ヒット。 船長もタモ入れが忙しい200807_114_2 。 こんな状況はシーズン中何回もあることではない。 今シーズンは6月に2度程有り今回が3度目とか・・・。 因みに今日の船中釣果は9人で43枚だったが二番目だそうだ。 それなら 一番は何枚だったんだろう と 気になるところじゃ。

魚17日の釣果・船中43枚 釣り爺ィ7枚

 釣り爺ィの半日釣果7枚は 自己最多記録ダンベル

.

200807_112 18日(午前便)=今日も雨が心配な予報だったが曇り空ながら雨に見舞われることも無く無風ベタ凪での最高の釣り日和となった。 余りにも気持ち良い天気だったので釣り爺ィは睡魔に襲われ竿を持っていられなくなりついに甲板でゴロリ昼寝。 此れが又気持ちよ~く 最高なんじゃぁ。 目を覚ましたらラスト30分。 ううむ チョット 寝すぎたかァ・・・。

昨日のような爆釣は朝一にチョット有ったが直ぐ止ってしまった。 その後は単発ヒット。 でも全員ゲットで楽しいマダイ釣りじゃった。 船中9人で23枚。

魚18日の釣果・船中23枚 釣り爺ィ2枚

.

200807_107 <余談> 此の日は同船者にシイラがヒット。 此の他にイナダが1本 陸奥湾もいよいよ本格的な夏の海に変貌しつつあるようだ。 こうなると ジギングで楽しめるサワラが待ち遠しいの~う 賞味しても最高に美味しい魚なんじゃ。

.

200807_124_2 <レシピ編> マダイ♂の白子が珍味ってご存知かな~?  軽く湯がいてポン酢で賞味すれば真鱈のキク(白子)に勝るとも劣らない濃厚な味が楽しめるんですぅ。  

.

.

.

 今後の釣行予定

   魚 鮎釣りは随時釣行 魚

   7月22日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月28日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月29日 陸奥横浜 マダイ  魚

   8月 1日 安家川 アユ解禁 魚

.





2008年7月13日 (日)

アユ解禁日の小本川 ルアーで楽しむ

.

岩手県内のアユ解禁は1日の一斉解禁に続いて第二弾の解禁となる。

小本川は釣り爺ィの家から車で1時間程の距離にあり比較的近距離なのでシーズン中は良く出かける馴染みの川だ。 なんと言っても水が綺麗だし渓相が良い。川底は岩石がゴロゴロしていて いかにもアユの棲める川である。 もちろんアユの味も抜群じゃ。

だが、最近は冷水病のせいなのか?此処数年上手く育っていない。不漁続きだ。

でも、お気に入りの川だから解禁日には必ず竿を出すことにしている。

200807_082_2 下見を兼ねての釣行なので10時過ぎに家を出る。 途中 ダムより上流の小川地区を見学。 例年以上に釣り人が入っている。 聞いてみると 「10匹ぐらい掛けた。 型も良く20㎝はあるョ」と言って使っていた囮を見せてくれた。

よしよし、此の分だとお得意の岩泉地区はもっと大きくなっているに違いない。期待が膨らむ。

目的地にお昼頃到着。 さっそく目あての橋の上から全体を見渡すと意外や意外解禁日だと言うのに予想に反して釣り人がまばらだ。 悪い予感が・・・。

200807_086_3 爺ィの永年の経験から言うと 解禁日の釣り人の立ち込み人数で其の年の出来不出来が判断出来る。 つまり、 其の年のアユの良し悪しは解禁日の釣り人数と比例すると言えそうだ。

案の定、全般を見ていても竿が立たない。 時折 急瀬で掛かったアユを見ても囮に使えそうなアユではない。 チビ鮎に近い型だ。

地元の情報によると「冷水病対策で放流時期を例年より遅らせたから未だ大きくなっていないのだ」 と言っていたが 果たしてそうなのか シーズンが終わってみないことには誰にも判らない話じゃナ。

此処は諦め上流を見ながら帰宅することにする。

途中、例年だと釣り人が立ち込む場所でないところに5~6本の竿が目に入った。 ???。 どうやら地元の釣り人達らしい。

車を止めて川を覗いてみると 急瀬の中に良型の元気なアユが盛んにヒラを打っているのがハッキリと確認出来る。 何んじゃコリェアッ!!

急いで釣りの身支度をする事に。 しかし、 手元に囮が無い。 さて困った。 此の辺りには囮屋が無いのだ。

其のとき、kozo友鮎ルアーがポケットの中に有る事を思い出す。 此れは福井県のアウトドア小僧さんhttp://www.mmek.jp/~beyond/から今シーズン始めにテスト用として戴いていた手作り鮎ルアーだ。 昨シーズンの終盤にも使用して実証済み(アウトドア小僧さんのホームページからルアー情報→5.小僧ルアー釣果・2007友鮎ルアー編を参照)のルアーだ。 

何時かは使用してテスト結果を報告しなければと思いながら  ついつい我を忘れてアユと遊びこける爺ィなので今までテストの余裕など無かったのだ。

此の場面は囮も無く絶好のテストチャンス到来。 08年型はさらに進化させ急瀬・荒瀬でも使用できるように改良したと言う 究極の下方重心kozo友鮎ルアーSPを使用してみる事にする。 

そして、 盛んにヒラを打っている瀬の中に ソ~ット 送り込む と 急瀬に難なく潜り込む。 そして、オドロキは生きアユと同等に流れに馴染み 石絡みも良好で生きアユ以上にヒラを打ち盛んに野アユを挑発している様が確認できる。 さらに、構える竿の先にはあたかも生きた囮が泳いでいるかのようなリアル感が伝わり全く違和感が無い。 

此れならいけるぞ !! と思った瞬間 ゴン ゴンッ と来た。 手応えはどうやら良型のようだ。 慎重に抜き揚げる ドッコイ ショッ と。 タモに収まった野アユは 幅広で20㎝の良型。 やったヤッタァ !!  こりゃァ 面白れ~ぞッ !! 。

200807_098_2 其のとき、時計を見たら16時を過ぎていた。 水温は22度。 ルアーの面白みに熱中し 囮は使わずルアーだけで夢中で楽しむこと2時間。 気が付いたら夕日がだいぶ傾いていた。 良型が9匹。 今日は新しい釣方に満足の一日だった。

楽しい1日を振り返りながらの晩酌は格別じゃァ~。

 本日の釣果9匹

.

.

 今後の釣行予定

   魚 鮎釣りは随時釣行 魚

   7月17日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月18日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月22日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月28日 陸奥横浜 マダイ  魚

   7月29日 陸奥横浜 マダイ  魚

   8月 1日 安家川 アユ解禁

.

2008年7月12日 (土)

明日13日 小本川アユ解禁

.

200807_076 明日7月13日(日)小本川がアユ解禁となる。 岩手県は1日に次いで第二弾の解禁日じゃ。

小本川は昨日の雨で若干濁りが入ったようだが 囮屋の情報によれば今夕にはだいぶ濁りも薄くなり明朝までには濁りが取れるだろうとのこと。 小本川のアユは順調に育っているのか楽しみじゃ~ァ。

200807_079 岩手県の各河川も次々とアユ解禁が続き正にアユの季節全開となって来た。

だが釣り爺ィの趣味の庭の作業がなかなか進まない。 そうなんじゃ。 マダイ釣りの日・アユ釣りの日・雨の日等々の合い間の作業となるもんやからなかなか捗らないんじゃョ。

200807_080 土用が明ける迄には終了せねばならない剪定作業じゃが 今だに進捗率50%以下だ。 今日も朝から頑張るが炎天下で汗だけが流れ落ちる。 庭の剪定が終了しない限り釣り爺ィの本格的なアユ釣りにはならないのだ。 終了までには あと 延べにして4~5日はかかりそうじゃ。 はよう片付けて釣りに集中したいところじゃのぅ。 それにしても此の暑さ 老体にはこたえる ゼ~ 。

何なに・・ 本日の最高気温 浜松市天竜で37.3度じゃと こりゃァ ひど過ぎるぜ・・・。

.

.

 今後の釣行予定

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

       7月22日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

2008年7月 8日 (火)

陸奥横浜沖マダイ 7日と8日連荘

.

14g前後のジグ餌で釣る青森県むつ湾横浜沖のデカ真鯛が6月から釣れ出し7月に入って益々絶好調。 昨年実績を上回るペースで釣果が出ているようだ。 年々増加しているマダイファン。 釣り人が多くなりなかなか船の予約が取れない。 7月7日になってようやく爺ィにも今シーズン初マダイ釣りの番が回ってきた。

200807_062_3 マダイ釣りは真夏の釣り物。 晴天に恵まれると身のやり場が無い。 直射日光が容赦なく照りつける。 船上には日除け設備等は無い。 船長でさえ操船室の僅かな日陰を求めて右往左往している。 釣り人は日陰を求める余裕など無い。 炎天下のもと黙々と釣り糸を垂れる。 

そんな中、 突如 清閑破って 歓声が上がる。      来た~ッ!! 其の竿は満月に孤を描き ドラグが悲鳴を上げてラインを滑り出している。 間違いなく大マダイである。200807_063_3

一言で釣りと言っても渓流釣りやチダイ釣りのように経験を積まなければなかなか釣果の出ない釣りも在れば、アワセを必要としないで釣れる魚もある。 マダイは正に後者の向こうアワセ釣りである。 為に、マダイは初体験でも容易に釣りを楽しむことが出来る魚でもある。

今回も、同船した親子に見せ付けられた。 二人の様子を見ていると息子さんはどうやら釣りが始めてらしい。 ジグのセットから餌の付け方、リールの使い方等々懇々と伝授している。 又、 隣の釣り人に迷惑掛からないように色々とマナー等も指導していた。 でも、致し方が無い、一言や二言でそうそう簡単に上手くいくはずがない。 案の定 外の釣り人のラインに絡まっても気が付かずお父さんに注意されること度々。

200807_068_2 ところが ドッコイ。 終わってみたら此の初体験の息子さんが枚数・重量とも竿頭だった。 其の内訳もお見事 70㎝超2枚と60㎝超2枚の計4枚ゲット。 お父さんの釣った4枚と合わせ持参のクーラー2個に入らないぐらい盛り上がっていた。 アッパレじゃった。 お見事とは此の事じゃョ。

200807_066_2 爺ィの釣果はと言うと。 7日が62㎝1枚。 8日が35㎝のチビダイ1枚。 何とかボウ○は免れたが情けない貧果で終了。  トホッホッホ・・・。  

因みに船中の釣果は7日(午後便)船長が7枚・N氏6枚・外3人で4枚・其の外の4人がボウ○。 合計9人で17枚。 翌8日(午後便)は全員ゲットで合計22枚。

魚 7日の釣果・船中17枚 釣り爺ィ1枚

魚 8日の釣果・船中22枚 釣り爺ィ1枚

.

 

. 

 今後の釣行予定

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

       7月22日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

2008年7月 3日 (木)

藤琴川三日目

.

初日は気合充分で長時間竿を握ってることが出来たが、 三日目ともなると其の気合が薄れていくのを感じる。 馴れに甘んじてだらけてしまうのか緊張感が無い。 もっとも、毎日解禁日並みに釣り糸に集中していたらブッ倒れてしまうから此れで良いのかもしれない。 心に余裕を持ったのんびりムードの釣りが健康的にも最良と言うわけじゃ。

200807_0513   今日は一の渡橋の上流に竿を出す。 此処で人懐っこい地元の監視員と出会う。 彼は囮も扱っていると言う。 よくよく話を聞くと 電話一本で囮の出前販売に応じてくれると言う。 誠にもってユニークな商売である。 200807_055_2 携帯電話の産物。 新商売に脱帽じゃ。 アユ釣りにとって一番心配な囮が簡単に現場調達出来るのじゃから安心安心。 此れで囮の弱りを心配することなく荒瀬でもガンガン引きずり廻すことが出来るというわけじゃ。

だけんど、元気な囮ばかり頼りにして釣果を上げようとしていると腕がチットも伸びないんだぞ~。 元気な囮任せの釣りなら初心者でも簡単に釣ることが出来るからのぅ。

200807_057 弱りかけた囮を駆使して如何に掛けるかだ。  たとえ一匹の釣果で其の日が終えたとしても良い。 此の我慢することで掛けた貴重な一匹のテクニックが明日の釣果に繋がると言うことなんじゃョ。

気が付いたら小雨が降り出して来た。 明日の予報は雨。 今回の藤琴は此れにて一旦終了することにしよう。 次回は一雨後じゃナ。

 本日の釣果12匹。               

.

.

青森県赤石川の黄金アユは如何なっているか? 釣り爺ィが釣る分も育っているのか 気がかりじゃのぅ~。 何時か釣行してみたいと思うとるんじゃが~・・・。

.

.

  今後の釣行予定

   7月 7日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月 8日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

2008年7月 2日 (水)

藤琴川解禁二日目

.

昨日の頑張が老体の筋肉に疲れを感じる。 200807_030 昨夜の温泉入浴で疲労回復を期待したのじゃが 深夜に両足が痙攣し時々目を覚ます。其れがなかなか収まらず睡眠不足の二日目となる。 今日は無理は禁物じゃ。

関東地区は春先から雨続き。 解禁日も水量が多くて釣りにならなかった川が在ったとか、現在も先日の雨でさらに増水し入川出来ない河川が多いようだ。 関東は解禁日から手付かず状態の河川が多くお盆頃が狙い目かも???。

200807_035_3 逆に東北地方は春から全く雨に恵まれない。 何処の河川も渇水状態だ。 藤琴川も例外でない。 理想水位の半分以下だ。 普段でも小規模河川特有の釣り技が必要なんじゃが、渇水状態では尚更である。 大きな川と違ってアユが人影に怯え逃げ廻るのだ。 200807_027釣り人を寄せ付けないのだ。そのため大勢の釣り人がドット入ると全く釣れない。  1人静かに動かず案山子釣りで攻めるのがコツなんじゃョ。 掛かってもバシャバシャさせず一気に抜き揚げる。 場荒れさせない事がキモ中のキモなんじゃナァ。

今日は昨日釣ったアユを発送準備する為、正午上がり。 二ツ井に移動。

   本日の釣果は15匹。

                      目標の二桁をクリア

.

200807_049釣り爺ィは釣った魚を美味しく食べるのも大好きなんじゃ。 荷造りで弾かれた残りアユを大切に戴く事が魚達の供養にもなることじゃ。 そのためアユ焼き専用の炭火焼コンロを持ち歩いて何時でも何処でも焼きたてアユ弁当が戴けるんじゃ。 有り難いの~。

.

. 

.

  今後の釣行予定

.

   7月 7日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月 8日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

.

.

2008年7月 1日 (火)

2008年アユ解禁大漁

プラチナアユを求めて>

今日は7月1日

待ちに待った解禁日だ

アユ釣り愛好家にとっては特別な日、じゃ

200807_021 此の日のアユファンは

釣れても釣れなくとも

1年振りの若アユとの

再会を期待して早朝から一斉に川に立ち込む

満70歳を迎えた釣り爺ィもジッとしてはいられない

. 

前日自宅を出発して目当ての釣り場に向い

釣り場に愛車を駐車して夜明けを待つ

夜明けが待ちどうしく

ワクワクしてたまらない時間を過ごす

.

爺ィのお気に入りの清流数河川を

前もって下見をした中から

今シーズンがもっとも楽しめそうな川が

今日竿を出すことになった

秋田県米代川支流の藤琴川じゃ

.

此の川は爺ィがアユ釣りを本格的に始めた

平成元年以来20年間通い続けている思い出の川じゃ

アユ釣りの楽しさアユの味を教えてくれた川でもある

.

200807_020 水源地は白神山地の名峰

駒ケ岳(1158m)の北側から湧水し

米代川に流れ込む清流だ

何故此の川のアユに拘るのか

答えは簡単明瞭

姿(金色で体型がナイスボディ)

(肝が大きくほのかな苦味があり胃袋には砂が無い

(清流特有の胡瓜の匂い)が抜群である

此のように清流で育ち砂噛みのないアユを称して

釣り爺ィはプラチナアユと呼んでいる

.

外で100匹釣れようが200匹釣れようが

爺ィは此の川で1日10匹の釣果が出れば大満足である

だが、此処数年間アユの育ちが悪く

釣果に恵まれなくなって来ている

.

今年は違う

数は少ないが元気の良い良型が見えている

.

200807_011 今日は解禁にふさわしい釣り日和のもとで

永年の釣り友と同伴で解禁を楽む

.

解禁日なので沢山の釣り人が押しかけるものと

思っていたら意外や意外爺ィ達二人の貸切状態

縦横存分の殿様釣りじゃった \(^o^)/

.

釣果は良型20㎝超えを含め43匹の

プラチナアユを大漁 !!

予想以上の釣果に大満足の初日だった

.

200807_007 初日を終了し

歩いて5~6分のところにある温泉に漬かり

昨夜に続き此処の川の畔で

カジカガエルの泣き声を聞きながら車中泊とする

.

200807_025 釣ったアユは大漁した時の為に用意した

野菜箱改良の手作りの生簀に保管

こうする事でアユの胃袋が空になり

仮令に砂を噛んで居たとしても

明日までには綺麗に排泄されるから

より以上美味しくなると言うわけじゃョ

砂の入っているアユは食べれたもんじゃないからのう

味も幻滅するし 大事な入れ歯が砂の為に

破損でもしたら エライ こッちゃよ !!

と言っても

断って置くが、釣り爺ィの歯は現時点で24本健在なんじゃ

くれぐれも誤解無きように願いたい

此れも魚の骨を頭からボリボリ

食べているからかも知れんの~

そうだ 実は8020を目指して

カルシュウム補給に努めて居るんじゃョ d(^^)

.

  本日の釣果

             プラチナアユ 43匹

.

.

今後の釣行予定

.

   7月 7日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月 8日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

.

.

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

無料ブログはココログ