フォト

メール&バナー

  • ◎ 釣り爺ィのメールアドレス
    kk130511@yahoo.co.jp
  • ◎ 釣り爺ィのリンク用バナー

    コピーしてご自由にリンク等にお使い下さい。 大きさは 137×35ピクセルです

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月の9件の記事

2008年6月27日 (金)

アユ解禁の下見

.

今年のアユ遡上状況はどうなっているのだろうか。 下馬評では良いとか悪いとか色々様々だ。 又、 ある県の水産試験場のHPでは 「日本海の稚アユの遡上数は例年の半分以下」 と ショッキングな発表しているところもあるようだが果たして実際は如何なんだろう。  爺ィの気になる川。 赤石川・追良瀬川・粕毛川・藤琴川・早口川・米代川等々帰宅途中に在る各河川を自分の目で確かめて置きたかった。 

200806_222_3  朝8時から下見を開始して帰宅したのは19時。 1日がかりの下見となった。 おかげで ホウボウのお刺身は明日以降のお楽しみとななってしまった。

結果は、各河川例年より水位が可也下がっているが垢の状態は良いようだ。(但し、米代本流は前日の雨で赤濁り)  一雨欲しいところだ。 そしてアユ魚影は全般に少ない上に小さいく見える。

そんな中、魚影・型とも例年になく良好に見えた穴場河川が在った。 其の名は藤琴川。 爺ィの20年来の大好きな川なんじゃ。 暫らく振りの復活と言うところじゃよ。

解禁日は藤琴川(秋田県)に決定じゃァ !!。ダンベル

みんなで楽しく釣ろう~ぜ !!。

釣り場ではお互い挨拶をしよう~ぜ !!。

釣り場にゴミは捨てないようにしよう~ぜ !!。

.

.

 今後の釣行予定

   7月 1日  東北アユいよいよ解禁 藤琴川 魚

   7月 7日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月 8日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚 

.



2008年6月26日 (木)

6/26 マダイ・チダイ

.

昨日はヒラメに返り討ちを喰らってしまった。  今日はヒラメの敵はマダイ・チダイでお返しとばかりに小泊から出港。 海は穏やか・気温は寒くも無く熱くも無く絶好の釣り日和となる。 後は釣果が上がれば言うこと無しじゃが。

ところが、潮までが穏やかで0.5ノット前後しか動か無い。 此れでは釣りに成らない状況だ。 釣りと言う奴は潮しだいで本当に面倒で厄介なものなんじゃょ。 

船長のSTO孤渓さんの言葉をお借りすれば 「理想の潮は1.5ノットで、1.0以下だと食いが落ちるし、逆に2.0以上だと仕掛けが流され中(あた)りが取りずらくなってしまう。」 と言うことだ。誠に難しいもんじゃ。

200806_206 今日の釣果は船中6人でマダイ58cm1枚とチダイ40㎝頭に36枚の合計37枚。 詳細は <真ダイ58cm他37枚 6/26>を参照。

200806_215_2 本日の爺ィの釣果はチダイ4枚・ミズクサカレイ3枚・マゾイ1匹。 それに加え 待望のホウボウが1匹釣れたのだ。  此の魚は前々から づ~ッと 釣ってみたい魚だった。 200806_210今まで同船者の釣ったものは何回と無く見せてもらっては居るが釣ったことは無かった。特徴は、胸鰭が体に比べ非常に大きく鮮やかな色合いが特徴でホウボウであることがハッキリと判る。それに、釣り上げると 「 ホー ボー ・ ホー ボー 」 と大きな声で鳴く。 名前の由来もわかると言うことじゃ。 で、此のホウボウはどうやら刺身が絶品らしい。 帰宅してからのお楽しみじゃ~ァ。

さてッ と。 もう一晩泊まって 7月1日アユ解禁の下見をしながら帰宅することにしよう か。 

2008年6月25日 (水)

返り討ちを喰らい討死に

.

6月25日、今シーズン最後の陸奥湾ヒラメ釣りに参加。 前回(6月18日)はボー○だったので、前回の敵討ちとばかり張り切っての釣行だったが残念ながら返り討ちを喰らい討ち死に200806_204 (証拠写真添付)してしまった。 

無念 じゃァ・・・ !!  

本日の釣果は船中5人で45㎝と39㎝の2枚だけ。

前回の釣果も合わせて総見すると、釣れているのは50㎝前後と中型で数も例年より少ない。 例年の70㎝前後の大型に比べ段違いの貧果だ。 どうやら 陸奥湾のヒラメは終盤 かも ?。 

でも、デモ、お腹の卵は未だ未成熟なんじゃよ。 と言うことは、例年より一月遅れと言うことかもしれないの~ぅ。 

と言うわけで クーラーは空っぽ。 明日は海上も穏やかのようだ。 と なれば話は早い。 江戸の敵は長崎で・・・・。と なるのが定番じゃ。 其の足で小泊港へ移動して明日はマダイとチダイを狙うことに。 

明日の釣りは どうなるか ジャじゃ~ん。

2008年6月18日 (水)

陸奥湾ヒラメ

.

今回の神流川(かんながわ)アユ釣り遠征(5月31日~6月15日 往復走行距離1889㎞)は釣果こそ芳しく無かったが多くの出会いと素晴らしい感動に触れることが出来た。

爺ィは何処へ出かけるにも高速道は使わない。 

理由は簡単。 爺ィは小遣いは少ないが 時間だけは沢山有る。 通行料金で燃料分が賄えるし御茶代が浮くからだ。 其の上、一般道の旅は所要時間は掛かるが其処には地元の人々との沢山の出会いと感動が待っているから楽しみなんじゃ。 

18日のヒラメ釣りの予定も有ったので、13日の午前中でアユ釣りを切り上げ帰路に付く。 途中 地震jのニュースには驚かされたが無事の帰宅に改めてホット している。

200806_004_2 今日は予定どおり陸奥湾のヒラメ釣りに参加。 旅の疲れが残っているのかそれともお天気がポカポカ陽気のせいなのかスッゲぇ眠い。 9時頃に1回、 11時頃にも1回 船上で睡眠。 それ以外に、ポイントの移動中にも コックリ コックリ・・・。 な~んか気合が入らない。 こんな釣り方ではヒラメも相手にしてくれるはずがない。 案の定 皆が良型GETしているのにボ~○で終了。                

釣り場は 夏泊半島の油目崎から浅虫温泉沖の湯の島周辺まで。 釣果は6人で54㎝頭に7枚。 竿頭は3枚。 ボー○2人。

詳細は http://turibakashop.seesaa.net/ 釣りバカ天国HPを御覧下さい。

.

今日のハプニング。  船長のSTO須藤さんが2枚目を掛けた時のこと 事件が起きた。 ロッドの撓り具合から可也の大物と判る。 海面に揚がって来たのは正に座布団クラスの超デカものだ。 同船の大野さんが手際よくタモ入れ。 須藤さん 拳を握り締め 「やッタ !! ~ 」 と大声でガッツポーズ。 ところが、 タモに納めたはずのデカヒラメが海面を泳いでいるではないか。 慌てて2回目のタモ入れに成功。 と 思われたが、しかし 又もやタモをすり抜け海中へ・・・・。 何のことは無い何年も使用した網だったのでアメ(蒸れる)ていて7㎏前後の大物ヒラメの重量に耐え切れず破けてしまったのだ・・・・。 残念。 無念。 此れには流石の釣師も ガックリ !! 

振り返って見ると、超大物ヒラメに関しては最後の最後 逃げられるケースが実に多い。 目の前で何回も遭遇して来た。 マダイとは違いヒラメは海面で最後の「ひと暴れ」をするからだ。

でも、今回のようにタモに納めてからの逃避は前代未聞だった。 誠にもってお粗末なお話で須藤さんらしからぬ失態でした。 

今シーズン最後のヒラメ釣りが来週にあります。 須藤さん 次回は是非新しいタモをご持参して下さ~い。 願いしま~す 。

.

釣師の御情け有り難うさんですぅ。

200806_007本日竿頭の藤田さん。 ボー○の爺ィにヒラメ1枚プレゼント下さり 有り難うさんでした。 昨年以来のヒラメのお刺身ご馳走になりました。 味的には大ヒラメより俎板サイズの中型がお刺身に最高ですよね~。 200806_011こんなに沢山の刺身が取れました。\(^o^)/  ホントに美味しかったです。 ご馳走様でした~ァ。

来週もご一緒宜しくで~す。

.

.

  今後の釣行予定    

   6月25日  陸奥湾  ヒラメ 魚

   7月 1日  東北アユいよいよ解禁 魚

.                今シーズンのホームグランドは何処の河川にしようかな???  

.                 岩手の小本川か 秋田の藤琴川か 青森の赤石川か・・・・ 

.                魚影が濃く、環境が良く、快適で住み按配の易い所にしよう。

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚 

2008年6月15日 (日)

平泉町でダウン

.

深夜に自宅到着を目指したが、平泉中尊寺をクリアした所で疲れがドット出てついにダウン。

コンビニの駐車場で宿ることにする。

お湯を沸かし味噌汁の準備とチン御飯の支度。

ところが突然 ガタガタッ !! と来た。

愛車が激しく揺れる。

慌ててコンロからヤカンを下ろす。 

考えてみたら昨日の震源地の真上に止まっていたんじゃぁ。

でも、 睡魔には勝てん。

そそくさと夕飯を済ませそのまま床に潜り込む。

翌朝 爆睡して朝5時目覚める。

既に太陽は高く上がっている。

お天気も良く爽やかな朝だ。

ゆっくりとモーニングコーヒーを取り6時出発。

1時間程走行したところで空腹感が出て来た。

丁度いい、 前方にマクドナルドも有った。

200806_142さっそく ソーセージマフィンセット(小ハン バーグ+ハッシュポテト+ホットコーヒー)¥350を注文 朝食をとりながらblogの更新。~o(*^▽^*)o~♪

此処は盛岡市手前の津志田だ。

此処まで来れば自宅まで100キロ未満となり日常行動半径内に入り自宅に到着したようなもんじゃ。

無事、帰宅したような感じでもある。

買い物をしながらぶらぶら走行しても昼までには帰れそうだ。

.

.

  今後の釣行予定    

   6月18日  陸奥湾  ヒラメ 魚

   6月25日  陸奥湾  ヒラメ 魚

   7月 1日  東北アユいよいよ解禁 魚                           .        今シーズンのホームグランドは何処の河川にしようかな???  岩手の小本川か 秋田の藤琴川 か 青森の赤石川か 魚影が濃く、環境が良く、住み易い所に決めることにしよう。

   7月13日  岩手県小本川アユ解禁 魚

       7月17日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月18日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月28日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   7月29日  陸奥湾幸丸  マダイ 魚

   8月 1日  岩手県安家川  アユ解禁 魚

2008年6月14日 (土)

岩手県内陸部震源地

.

関東地区の各河川でアユ釣果の良かったのが神流川(上野村漁協)だけとの情報で解禁日当日並みの釣り人が連日押しかけ、 為に、 一週間の間に綺麗に釣り上げられたらしく全く釣果が期待できない状態だ。 200806_139 川を覗いて見てもさっぱり魚影が見えなくなってしまった。 1日の釣果がトロ場のチビ鮎2~3匹だ。 此れでは話にならん。 深みに残って居るであろう(?)新しいアユが出てくるまでは釣りにならん。 暫らく(7月以降まで)日時が掛かりそうな感じゃ。

200806_137 気温も半端じゃない。 朝の気温 6度。 なんじゃこコリャァ !!  川の水温は10℃。 ウェットタイツで川に立ち込める状態では無い。 

200806_138 そう言う事で不完全燃焼で心残りじゃが 上野村のアユ達にに別れを告げて帰宅することにした。

足取り重くトコトコと帰宅途中、 宇都宮付近を走行中のこと 「岩手県内陸部震源地とする震度6の地震発生」とのニュースが飛び込んで来た。

スワッ 一大事発生 !!

自宅に電話するが混雑の為繋がらない。 友達の携帯に掛けても同じだ。 なんちゅうこった。 

こんな時ほど必要な電話ではないか !!

爺ィの携帯にもあっちこっちから見舞いの電話とメールが入るが爺ィも外出の身。現在栃木県。 連絡が取れなく情報が全く無い。

やっと 八幡平市に居る次男坊からメールが入る。「葛巻町は震度3程度で被害皆無」 との事でホットする。 心に余裕が出来たので現在地福島市内のマックで一休みしながらblogの更新。 此れで安心して自宅へ向けアクセルを踏むことが出来る。

ご心配の電話等を戴いた皆様に改めまして心からお礼を申し上げる次第です。

電話とメールのお見舞い応対の為に駐停車を繰り返し、なかなか車が前に進まない。 (誠に有り難い話じゃが) あと300キロ程走らなくてはならない。此の分だと帰宅が深夜になりそうだ。

2008年6月12日 (木)

伊香保から上野村へ移動

.

200806_060

楽しかったプチ同窓会を終え再び上野村に向かう。 それだけ爺ィを引き付ける川。 神流川だ。 初夏の新緑の緑と清流が心を清らかに癒してくれる。 その上、爺ィの生涯恋人でもあるアユに会えるからだ。

200806_125今朝、清流のせせらぎの音で目覚める。 外は雨だ。 気温も肌寒い。 アユ釣り日和ではない。blogの更新をする事にしょう。

だが、困った、当てにしていた上野村漁協のケーブルラインが愛用のPCに繋がらない。 200806_127 当漁協の既設PCでしか運用出来ないのだ。 此れだと画像がUP出来ない。 清流の素敵な写真が有ったのに。 しょうがない。 後日、追加UPする事にしよう。 (此の画像は帰宅後にUPしたもの) 

200806_129 午前中から4時間もPCいじりしていたらもう14時にもなっている。 いつの間にか外は日が差している。 このまま明日はお天気になって釣り和日になってくれれば良いが・・・。 明日の好天を祈りながら此れから温泉でひと休みしよう。 近くに浜平温泉しおじの湯があるんじゃァ。

2008年6月 8日 (日)

Myパソコンが外出先で運用可能に変身

.

今回の遠征は辛いものが多かった。

200806_008 第一にカーナビが出発直前にオートジャイロがパンク。 修理の為メーカーに依頼。 手元の道路地図とニラメッコしながら一昔前のドライブとなる。 そのため行動範囲が極端に制約される反面時間のロスタイムがかさむ。 時々、自分が今、何処を走っているのか判らなくなることが間々発生する。 助士席にナビゲーターが同乗していないので実に不便極まりない。 せめて、老眼鏡を掛けたナビゲーターでも座っていれば助かるのじゃが。 ナビゲーター無しの一人旅は本当にお手上げじゃよ。

200806_013 第二にMyパソコンを無線ラン契約及び外出先運用可能にセッテングしないままに突然の出発となった為に昨日まで一週間程使用出来なかった事。 ネットカフェやマクドナルドや公衆無線ランサービスの場所に行っても使用できず本当に不便じゃった。

でも、愛用のノートパソコン(HP社 compaq nx9010)は今日から見事に変身したんじゃァ。 実は、ド ルビー東京支社に勤務している長男の広明http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20080605/gtmf_02.htm

http://www.dolby.co.jp/consumer/games/hot05_02_dmc3.htmlが親父の無能さを見かねて東京から新幹線で高崎駅まで仕事の合い間に飛んで来て爺ィの要望どおりセッテングしてくれたんじゃァ。 此れにあホント助かったのぉ。 此れで都会に滞在中は自宅のISDNじゃなくて光を使っての快適運用体験も楽しめると言う訳じゃァ~。 因みに 現在此のblog投稿は埼玉県の姪っ子の家から更新中じゃが やはり光は早くて使い勝手が良いよの~ぉ。

6月1日解禁

200806_005神流川中流部(南甘漁協)アユ解禁日の釣果報告じゃが、結果を先に言うと不漁の一言に尽きるが釣果にこだわり無くアユと戯れたことで充分満足じゃったよ。 一年振りに爺ィの遊び相手になってくれた若アユ達に 感謝 感謝じゃぁ。

10_200806_009 第1日目、6月1日神流川解禁日(南甘漁協http://www.town.kanna.gunma.jp/home/tour/turi/08-ayu.htm) 釣り友の先導で朝5時に万場地区の釣り場に到着。 だが既に釣り人で一杯。 早速身支度をし逸る気持ちを抑えて入川。 先ず水温を確認すると12℃。 しかも数日前の雨で水位が50㎝高く笹濁りよりキツイ濁りだ。 アユ釣りには厳しい条件だ。 いやな予感が的中。 午前中の釣果はタッタの1匹だけ。 関東地方入梅発表と聞いたがお天気だけはカンカン照りだ。 200806_027昼食を取り再び水温を確認したらば何と18℃以上まで跳ね上がっているではないか。  一瞬信じられなかった事だがなるほどと思えるところが有る。 其れは天下の三波石http://www.vill.kamiizumi.saitama.jp/cgi-bin/odb-get.exe?WIT_template=AC020000&WIT_oid=icityv2::Contents::1172でも有名な石の川だからこそ起きる現象ではないだろうか。  ごろごろとした石の間を流れる清流。今年も3年連続で国から関東一の清流http://www3.ocn.ne.jp/~ueno-fc/saisin/saisin.htmlに認定されている。 200806_023其の石群が太陽の直射日光に熱せられ数時間のうちに6℃も上昇しているのだ。 アユの行動も18℃以上になると活性がよくなる。 午後は4時で納竿したが9匹を追加することが出来た。 因みに、帰り際に水温を確認したら20℃以上に上昇していた。 実に朝から8℃以上昇したことになる。

6月2日

200806_014 翌二日目(6月2日)は「良型が釣れたと言う情報が有った」ので前日より上流の中里地区を狙うことにした。 今日は月曜日だし、解禁日の昨日不漁だったことも有り釣り人は少ないだろうと予想し、釣り友宅でゆっくりと朝食をご馳走になり釣り場へ9時到着。 ところがドッコイ。 駐車する場所が無い。 最上流部まで行って見たが見つからない。 仕方なく引き返しセメントプラント作業所へ頼み込み駐車させてもらう事に。 水温は昨日より1℃高い13℃だ。 やはり朝晩気温が下がる為、昨夕20℃以上にまで上昇した川の水もすっかり下がってしまっている。 今日のお天気は昨日とは討って変わってブ厚い雲に覆われ気温が全く上がらない。 むしろ午後から気温がより下がってきた。 耐え切れずジャンバーを羽織るが全身ガクガクだ。 寒くて寒くて釣果も15匹(オトリ除き)と上がらず3時で納竿とした。 無理は禁物。 焦る事は無い。 アユは始まったばかりじゃ。

6月7日上流部解禁

今日は神流川(かんながわ)最上流部の上野村漁協の解禁日。 200806_040 此処まで上流に遡ると正に清流其の物だ。 岩手の安家(あっか)川・岐阜の馬瀬(まぜ)川に川の雰囲気が似ている。 当漁協は以前迄は予算的に余裕が無く放流数量が限られていたが現在では上流のダム建設の保証金が4~5千万単位で転がり込みヤマメ・アユの放流数が大幅に増えたと言う。 漁協の放流量発表は「1,400㎏+α」となっているが+αが問題だ。 東電と他漁協との兼合いで正式発表が不明瞭にされているが地元の噂では可也の数量らしい。

1200806_056 ところで、解禁日の釣果じゃが。 大放流の話の割には全体的に不調のようだった。

其れも其のはず朝の水温10℃。 とてもじゃないがアユ釣りの雰囲気ではない。 ジャンバーを着ても足元からの冷えで川に立ち込んで居られない状態だ。 お天気も曇り空。 解禁前の雨で可也の増水が有ったとかで流芯のコケが完全に飛んでいた。 200806_058 このため流芯を攻めた釣り人は殆んどボウ○に近い有様で、反面流れの緩やかなコケの残っている「馬の瀬」を攻めた釣り人は順調に釣果を上げお昼頃までに20匹超えも1人居たようだ。良型は20cm前後を含んでいた。 昼近くになり風も出て来た。 釣り人も半数が諦めて引き揚げてしまった。 200806_061 爺ィも11時で納竿。 又、明日以降もお天気が悪いようだ。 入梅だからしょうのないところじゃ。 お天気には勝てんのぅ~。 休養日とするかぁ。

此処だけの話・・・此のblogを見ている人の為に特ダネ情報として記述しよう。 此の川は解禁日の条件が最悪だった為に釣果が出なかっただけでアユの数・型共に申し分なく今後が非常に楽しみが残されたと拝見した。 梅雨明けに機会が有る方は是非トライしてみて欲しい川じゃ。 

.以上の記事は9日に修正部分有り>

そうだ、明日10日は伊香保温泉で52年振りの高校時代のプチ同窓会じゃた。 当時の事を記憶喪失してしまっているので心配じゃが・・・。 でも、とても楽しみじゃ~。

.

.

.

   今後の釣行予定 

   6月 1日の解禁から15日間?関東数河川アユの旅 魚

   6月18日 陸奥湾 ヒラメ 魚

   7月 1日 東北アユいよいよ解禁 魚

2008年6月 4日 (水)

ネットカフェデビュー

.

釣り爺ィの記念すべきネットカフェデビューじゃぁ。

今回の遠征釣行の目的は三ッつ。  一つはプチ同窓会に出席。  二つ目は神流川のアユ解禁釣行。 三つ目はアユの釣果をネットカフェから投稿することだった。

初日・2日とアユ釣りを楽しんだが昨日の台風の影響で3日目からお休み。休養を利用してblog投稿に取り組み中だがなかなか無線ランが繋がらないで苦戦中じゃ。

釣果は後回しとして取り合えずblog更新のテストじゃァ。

先程の原稿は保存出来ずに失敗したが今度は如何かな????。

ウンム ム ム 上手く投稿出来たようじゃな。 だが、画像が思うように行かんのじゃァ。

長時間やっていたので今日は疲れた、続きは又 明日以降じゃな。

.

.

200806_019

.

.6月8日画像追加UP

.ネットカフェ内のの風景

.

.

.

   今後の釣行予定 

   6月 1日の解禁から15日間?関東数河川アユの旅 魚

   6月18日 陸奥湾 ヒラメ 魚

   7月 1日 東北アユいよいよ解禁 魚

.

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク集

無料ブログはココログ