フォト

メール&バナー

  • ◎ 釣り爺ィのメールアドレス
    kk130511@yahoo.co.jp
  • ◎ 釣り爺ィのリンク用バナー

    コピーしてご自由にリンク等にお使い下さい。 大きさは 137×35ピクセルです

« マダイがマツタケに変身 | トップページ | 初サワラ挑戦記 »

2007年10月 7日 (日)

大物賞手元で逃す

20071007_007 第1回宮古ヒラメ釣り大会に参加。

お天気はまずまずの釣り日和。今年8月・9月は例年になく型・数ともに絶好調だったヒラメが最近低調との事。今日も激渋。見てる限りでは連続でスレで掛かっていた。と、言う事は紛れもない激渋の他ない。ヒラメが居ても口を使っていない証拠だ。 船長も焦る。

それでも、場所を移動し8時過ぎごろ船中でボツボツ掛かり始まる。ポイントの選定が重要なようだ。清龍丸の釣果は7人で35~50㎝が計15枚程。

20071007_005 そんな中、爺ィは45㎝のデカアイナメをゲットし外道賞を期待したが 検量結果50㎝オーバーの超デカ物に惨敗。

本命はただ1回の中りにしか恵まれなかったがじっくり待って充分飲み込ませ快心のヒット。重い・重い。小型のリールがなかなか巻き取れない。水面に上がって来たのが座布団クラスまでは届かないにしても70㎝近い大物だ。清龍丸の船長もタモ入れに真剣だ。其の割にはタモ網がイマイチ大きくない。不安がよぎる。ソレッ !! 案の定 一発でのタモに入れに失敗。ヒラメもタモが触れた瞬間驚いて大暴れ。海中にもぐり始めた。あまりにも勢いよく走り出した。其れを止めようと堪えた瞬間。 ハリスが プッツン  !! ??? ヒラメの鋭い歯で14LBのハリスが切れたのだ。 大物賞が手元からスリルと逃げてしまった20071007_008痛恨の一幕で御座りました。昔から「逃げた獲物は大きい」と聞くが、誠にもってお粗末な話で本日は此れにて オ・シ・マ・イ・((◎д◎ ))ゝヒョエ~。

感謝: 主催者の会長・平進丸船長はじめ清龍丸船長及び同船の皆様お疲れ様でした。今日一日大好きな釣りを楽しむことが出来ました。良き思いでも出来ました。\(^o^)/ 又、機会ありましたら宜しくお願い致します。

20071007_014 <翌日> アブラメのお刺身。さっぱり味で至極 美味しいんですョ。冷蔵庫に保冷して2~3日後がほんのり甘味が増して特に美味い。以前は魚屋でもあまり見掛けなかったが最近は店頭でも見かけるようになった。そう言えば回転寿司でもメニューに乗っている時が在るから是非一度試食をお勧めしたい。画像の盛り付けは優に8人分。

« マダイがマツタケに変身 | トップページ | 初サワラ挑戦記 »

ナメタ・カサゴ・ヒラメ・カレイ」カテゴリの記事

太平洋・三陸沿岸」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

ありゃま~! 残念でしたね~。。。θ_θ;

1m位の大ダモは釣り船としては常備品だけどね~
後引かない様に次回は ” ファイトイッパーツ!” で
以前の写真の様なの御願いします。

アイナメも美味しそう! (*^^)v
アイナメの干物は冬場毟って食べると酒の肴にグッ!

次回も乞うご期待!。。。( ‥) ン?

足クマ さん   おはようございます。

皆さんのご期待に副えず痛恨の極みでした(*´v`)
マダイ釣りは水面に浮かし、空気を吸わせれば一安心ですが、ヒラメは水面の一暴れがあるからタモに入るまで安心できませ。
 仕上げが肝心です。
  <ヒラメ釣り、釣り方1年、タモ3年>?ですネ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216235/8285521

この記事へのトラックバック一覧です: 大物賞手元で逃す:

« マダイがマツタケに変身 | トップページ | 初サワラ挑戦記 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リンク集

無料ブログはココログ